Customer Voice 3P体験談

ある日の午後、友人から『おもしろい店』があると聞き梅田の兎我野町にある、
聞き慣れない『M性感』と呼ばれるジャンルの『梅田人妻秘密倶楽部』へ。

まず受付でシステムの説明を聞くと、どうやらこちらは何もせず女性が優しく、いやらしく責めてくれるお店のようだ。
こちらから女性を責める『ホテルヘルス』へはたまに行くが、こういった内容のお店は今まで経験した事が無く妙に興味をそそられる。
コース内容を聞くと、聖水コース(女性のおしっこを見たり、浴びたり)や3Pコース(女性2名が責めてくれる、まさにハーレムコース!)があるとのこと、せっかくだから普段は絶対経験できない3Pコースを選択。店員さんが女性を一人一人丁寧に説明してくれ、今回は人気女性のFさんと、新人女性のSさんで遊ぶ事にした。
店員さん曰く、どちらかはある程度プレイをリードできる女性を選んだ方が楽しめるという事。

期待を膨らませて、待合室で待つこと5分店員さんに呼ばれ、いざエレベーター前へ。

扉から出て来たのはスレンダーでモデル体型のFさんと、笑顔が可愛く、少し照れている表情も初々しい新人のSさん。女性に聞くと、一緒に3Pをするのは初めてということだが、お互いに気を遣っている様子は全く無い。
タイプの違う女性を選んだのは正解だったと心の中でガッツポーズ。
両脇から2人に胸を押し当てられ、ズボンの上からあそこを軽く触られながら、ホテルへと移動。ホテルへ入ると、一人の女性が常に密着した状態で服の上から色んなところをいたずら、もう一人がお風呂や道具の準備をするといった感じでそつがない。

ソファーで一人の女性にいたずらされているだけでも、あそこの反応が隠しきれなくなっているところへ、いきなりもう一人の女性が座っている私の股間にまたがってきて、シャツを脱がしてきた。
間髪を入れず、胸を押し当てながら乳首を優しく刺激、もう一人の女性にゆっくりズボンを脱がされ足下からあそこにかけてゆっくりと手を這わせられる。
足下にいる女性の様子は彼女がふれている部分の肌を通した感覚でしか確認できない。姿が見えない彼女に責められていると同時に目の前では柔らかい胸に顔をうずめられての乳首責め。
早くも3Pの『もてあそばれる快感』を実感。ベッドにうつると、顔面騎乗で顔をおしりにうずめられている状態で、もう一人の女性が騎乗位の体勢で激しくグラインド、W乳首責めや、両耳から聞こえてくる言葉責めに我慢も限界に。

また、今回は未体験の前立腺責めにも挑戦。興味はあったが、男がアナルで感じる事の恥ずかしさや、変なプライドが邪魔をしてきたが、今回に限ってはそんな事どうでもいい、今日は好きにして!と言ってしまいそうな程、気持ち良かったのが挑戦した大きな理由。ペニスバンドと呼ばれる、男性のアソコを形どった物もすんなり受け入れてしまったのだ。まっ、目の前にもう一人のおっぱいがあったのと言葉責めをされながらだったかもしれないが。。。
20本の指、4つのおっぱい、2つの舌で繰り広げられる全身責めで自分でもびっくりするくらいの発射量!

『もう一回しよっか?』といたずらっぽく股間に手を持っていく根っからの痴女達…彼女達の甘い誘惑に誘われて「うっ…うん」と言ってみたものの、さっきまでの興奮のせいで頭は真っ白のまま。。。女性に挟まれた状態で仰向けになり、しばし余韻を楽しむ事5分、シャワーへ行こうとするが足元がおぼつかない。
そんな私を優しく支えてくれる2人は、プレイ時とは違い表情も柔らかい。ホテルを出る時、2人から両頬にキスをされ『また、気持ちいい事しよね♪』と笑顔でお別れしました。

今回、3Pコースを体験した感想を一言で表現するなら『なんじゃ!コリャ~こんな世界あるねんなぁ』という事になる。

店員さんのいう『普段経験できない非日常』ってことか?

女性から責められるという事自体、日本では(世界ではわかりません)『非日常』な訳だが、2人の女性からともなると『快感の予測』はつくはずもない。

Customer Voice Bコース体験談

まず初めに伝えておきますが、私は普通にセックスが好きだし、性癖が変わってると、言われたことが無かった人間です。

しかし、今回、そんな私が、すべてを女性に委ねた時に感じた心地よい開放感は特筆すべきものでした。さらに、脳内にエンドルフィンが分泌、活性され、かつ日常のストレスも解消された様な不思議な感覚を得ることもできました。新しい世界、非日常の扉を開け、非日常の世界を体験することができたと感動しています。上手く伝わるか分かりませんが、私が経験したことをお伝えしようと思います。

以前から、友人に、ここは面白いから行ってみなよと言われていたので、HPを見てチェックする事にしました。
するとB(聖水)コースが気になって仕方ありません。どういう風にプレイのなかで聖水を使うのか?想像しても分からなかったからか、気になって仕方ないので、もし、梅田に行く機会があれば遊びに行こう、遊ぶとしたらBコースと興味本位で決めていました。
ある日、梅田に用事ができたので、その帰りに行くことにしました。

受付での丁寧な説明が終わった後、パネルから好みのAさんを選ました。シックで落ち着いた雰囲気の待合室で待っている間も、どんな感じになるんだろうと想像が膨らみ、楽しみで仕方ありません。そして、数分後にAさんとご対面。実際に会ってみると、パネルよりも綺麗な女性だったので、テンションはこの時点で更に上がります。(実は、パネルを選んでいる時点で既に少し興奮していました)

ホテルに入室するや否やAさんから責められまくります。まずは、上半身リップから始まり、言葉責めの雨あられ。
全身をフェザータッチで弄られながら、アナル責めまで。もうこの時点で感じたことのない快感が全身を襲いだしていました。
そして、我慢が出来ず射精しそうになった時に、ペニスを握っていたAさんの手が離れ、
Aさん「ここからが本番でしょ、私のここが見たかったんでしょ」と、エロい顔つきでパンティを指さします。
私「はい、、、、見たいです!」
夢中になっている私はただただ本能に従います。
Aさん「もう、いやらしい目つきね。」といいながら、ゆっくりとパンティを下すと、私にオマンコを見せつけながら、
Aさん「ほらちゃんと見て」と妖艶なまなざしで私を注視させます。
すると、まだ閉じていたオマンコを人差し指と中指でゆっくりと開き、夢にまで見たご開帳となります♪ここで興奮しているとさらに、オマンコをピクピクと少し震わしながら、キラキラと輝く透明な液体を、ピチャピチャとペニスにかけはじめました。下半身に感じる温かさに、今まで感じたことのない感覚が全身を駆け巡ります。
聖水を浴びたペニスをAさんは再びしごき始めると、それまで感じていた背徳感は既になくなり、爽やかな開放感をあじわいはじめていました。
そうしているうちに、またもイキそうになりなます。すると、私は本能の赴くままに女性に声をかけていました。
私「もっと欲しいです」
なんと、内気な私がAさんにもっとかけてほしいと言っています。
そんな自分に驚いていると、
Aさん「もっと欲しいの?どこに欲しいか教えて?」
「もっと欲しいです。口にも欲しいんです。お願いします。」
(ええ~!こんな事を自分から言うなんて。しかも口に欲しいというなんて正気か俺は?とも思いながらも、自分の言葉に更に興奮していました。)
Aさん「あら、やっと本当の事を言ったわね♪ご褒美としていっぱいかけてあげるね」
と、再び、自分で口にかけてほしいと言った発言に驚きましたが、それよりも、内に秘めた性欲を伝えられた喜びを感じていました。もう頭の中では、早くオシッコを浴びてみたい。という欲望でいっぱいです。
すると、Aさんは寝ている私の顔の上にまたがり、もはや神々しく見えるオマンコは私の目前に!Aさんは更に指で広げて見せつけます。すると、私の手は自然とペニスをしごいていました。それを見て
Aさん「自分からオナニーするなんて本当にいやらしい」と満面の笑みで囁きます。
Aさん「そんなエロい姿見せてくれたからいっぱいあげるね」というと、
「はい、たくさん下さい!」

いつの間にか自分をさらけ出すことが気持ちよくなっていました。

そして、ついに、オマンコから私の顔にめがけクリスタルの様な透明感のある聖水をかけてくれました。念願のオシッコを自分の口で受け止めた時、パチパチと頭がスパークし、今まで感じたことのない脳でイクような感覚がありました。その時、私は至福の表情をしていたと思います。私を見てAさんも嬉しそうに微笑んでいました。 その後、Aさんは、興奮マックス状態の私を射精に導いてくれました。

Customer Voice 男の潮吹き体験談

結婚して15年、いつからか妻とのSEXもマンネリ化して、全く刺激のない毎日を過ごしていたある日、たまたま雑誌で見かけた【ドスケベ妻による本気責め】というキャッチフレーズがどうしても気になり、風俗自体あまり行った事の無い私は、梅田にある兎我野町という風俗店が乱立している町並みに、いささか妖しさを感じながら、休日の午後、一人でこっそりお店に足を運んでみた。受付で丁寧にシステムを説明してもらった後に、恥ずかしながら来店の前夜、こっそりインターネットで調べた【男の潮吹き】について聞いてみた。

潮吹きが得意な女性とかいますか?】
スタッフ【お客様の体調にもよりますが、ランクの高い女性は性感プレイのレベルも高い女性が多いですよ♪今でしたらRかTあたりがオススメですよ♪】
顔とスタイルだけで選ぶと好みの女性はたくさんいたが、今日は素直にスタッフさんの言葉を信じてRさんを選ぶ事にした。

僕の前に現れたたRさんは、仕草の一つ一つが色っぽくて、まず普通の風俗店では会えないほどの【いい女】。ホテルに入ると、誘惑するかのような眼差しを浴びせながら、乳首を指で弄ったり耳の穴に甘い吐息を吹きかけてきたり…。ズボンのジッパーを下ろされ、パンツの上からチンコをソフトに撫で回されただけで、何とも言えない快楽が全身を襲います。優しい口調で淫語責めをされながら敏感な場所に指を這わせたり、身体の至る所を丁寧に舐めあげる全身リップで魅了させたり、コチラの興奮度を煽ってきます。思わず声を漏らすと、更に過激な責めへと展開。アナルに指を入れられながら、チンコを捏ね繰り回されると我慢 の限界に・・・普段の倍以上の発射量に驚いていると、Rさんが嬉しそうな表情で

Rさん潮吹き興味あるんでしょ?】
【は、はい・・・】
Rさん【じゃ、私がしてあげるね♪】
そう言うと、Rさんはゆっくりと亀頭を刺激しはじめました。
普段はイッた後に股間を触られる事なんて無いので、初めは腰をのけぞりたくなる位こしょばい感覚に。
【も、もう無理です!】
Rさん【もうちょっとだけ我慢して!】
亀頭を刺激するスピードが少しずつ速くなり、2分程刺激されたその時、
アソコから無味無臭の液体が勢い良く噴き出てきました!
Rさん【我慢しなくていいよ、いっぱい出して!】
頭の中が真っ白になり、とてつもない快感が連続的に襲ってきます。

【射精の何倍も気持ちがいい】とネットの体験談で書いていたのも納得。
この快感、間違いなくクセになります・・・

Customer Voice 乱入オプション体験談

AVでしか見たことのない経験した事のないエロ過ぎる興奮と快感の乱入プレイ
3Pでは味わえないいつ誰が来るかわからないドキドキ感
2人目の痴女が登場した時の何とも言えない
まるで焦らしに焦らされイカしてもらった時と同じ感覚・・・

喜びはまだ終わらない2人に責められての快感の荒波あっという間の至福の時間・・・
これはお得でリピート決定ですわ。

梅田人妻秘密倶楽部とは

20年以上前、新大阪に【秘密倶楽部】がOPEN致しました。

当時、風俗=男性が女性を気持ち良くさせる事が当然な中、
いやらしい女性ばかりを集めて一方的に男性を責めつくし気持ち良くさせるという
コンセプトは世の多くの男性を虜にしました。

そこから様々なその時代に合わせたお客様のニーズも取り入れ、
今やテレビ・雑誌でも取り上げられる程の有名グループへと成長しました。
その中で秘密倶楽部唯一の人妻店の当店は、会員様200,000人以上から支持され今年で
OPENして10年が経ちました。

高級店にふさわしい大人のおもてなしを是非ご体感下さい。