梅田人妻秘密倶楽部スマートフォンサイト

MENU CLOSE

お客様の体験談 EXPERIENCE

3Pコース体験談

ある日の午後、友人から『おもしろい店』があると聞き梅田の兎我野町にある、 聞き慣れない『M性感』と呼ばれるジャンルの『梅田人妻秘密倶楽部』へ。

まず受付でシステムの説明を聞くと、どうやらこちらは何もせず女性が優しく、いやらしく責めてくれるお店のようだ。
こちらから女性を責める『ホテルヘルス』へはたまに行くが、こういった内容のお店は今まで経験した事が無く妙に興味をそそられる。
コース内容を聞くと、聖水コース(女性のおしっこを見たり、浴びたり)や3Pコース(女性2名が責めてくれる、まさにハーレムコース!)があるとのこと、せっかくだから普段は絶対経験できない3Pコースを選択。店員さんが女性を一人一人丁寧に説明してくれ、今回は人気女性のFさんと、新人女性のSさんで遊ぶ事にした。
店員さん曰く、どちらかはある程度プレイをリードできる女性を選んだ方が楽しめるという事。

期待を膨らませて、待合室で待つこと5分店員さんに呼ばれ、いざエレベーター前へ。

扉から出て来たのは…

扉から出て来たのはスレンダーでモデル体型のFさんと、笑顔が可愛く、少し照れている表情も初々しい新人のSさん。女性に聞くと、一緒に3Pをするのは初めてということだが、お互いに気を遣っている様子は全く無い。 タイプの違う女性を選んだのは正解だったと心の中でガッツポーズ。 両脇から2人に胸を押し当てられ、ズボンの上からあそこを軽く触られながら、ホテルへと移動。ホテルへ入ると、一人の女性が常に密着した状態で服の上から色んなところをいたずら、もう一人がお風呂や道具の準備をするといった感じでそつがない。

ソファーで一人の女性にいたずらされているだけでも、あそこの反応が隠しきれなくなっているところへ、いきなりもう一人の女性が座っている私の股間にまたがってきて、シャツを脱がしてきた。
間髪を入れず、胸を押し当てながら乳首を優しく刺激、もう一人の女性にゆっくりズボンを脱がされ足下からあそこにかけてゆっくりと手を這わせられる。
足下にいる女性の様子は彼女がふれている部分の肌を通した感覚でしか確認できない。姿が見えない彼女に責められていると同時に目の前では柔らかい胸に顔をうずめられての乳首責め。

早くも3Pの『もてあそばれる快感』を実感。ベッドにうつると、顔面騎乗で顔をおしりにうずめられている状態で、もう一人の女性が騎乗位の体勢で激しくグラインド、W乳首責めや、両耳から聞こえてくる言葉責めに我慢も限界に。

今回は未体験の…

また、今回は未体験の前立腺責めにも挑戦。興味はあったが、男がアナルで感じる事の恥ずかしさや、変なプライドが邪魔をしてきたが、今回に限ってはそんな事どうでもいい、今日は好きにして!と言ってしまいそうな程、気持ち良かったのが挑戦した大きな理由。ペニスバンドと呼ばれる、男性のアソコを形どった物もすんなり受け入れてしまったのだ。まっ、目の前にもう一人のおっぱいがあったのと言葉責めをされながらだったかもしれないが。。。 20本の指、4つのおっぱい、2つの舌で繰り広げられる全身責めで自分でもびっくりするくらいの発射量!

『もう一回しよっか?』…

『もう一回しよっか?』といたずらっぽく股間に手を持っていく根っからの痴女達…彼女達の甘い誘惑に誘われて「うっ…うん」と言ってみたものの、さっきまでの興奮のせいで頭は真っ白のまま。。。女性に挟まれた状態で仰向けになり、しばし余韻を楽しむ事5分、シャワーへ行こうとするが足元がおぼつかない。 そんな私を優しく支えてくれる2人は、プレイ時とは違い表情も柔らかい。ホテルを出る時、2人から両頬にキスをされ『また、気持ちいい事しよね♪』と笑顔でお別れしました。

今回、3Pコースを体験した感想を一言で表現するなら『なんじゃ!コリャ~こんな世界あるねんなぁ』という事になる。

店員さんのいう『普段経験できない非日常』ってことか?

女性から責められるという事自体、日本では(世界ではわかりません)『非日常』な訳だが、2人の女性からともなると 『快感の予測』はつくはずもない。

口コミ

  • 女性一覧
  • 出勤情報
  • 料金システム
  • 女性案内状況